ビットコインホエール、半減に向けて準備中

ビットコインのクジラ、半減に向けて準備中

予想されるビットコインの半減イベントが近づくにつれ、この1週間でクジラによる大量のビットコインの取得が顕著に増加している。ブロック報酬が3.125BTCに減少する4回目のビットコイン半減まで残り約1週間となり、これらの大口保有者からの需要の急増が観察され、市場の強気な見通しを示している。 暗号通貨分析会社CryptoQuantが提供したデータによると、ビットコインのクジラからの需要は前例のないレベルに達している。 初めて、「永久保有者」からの需要が新たに採掘されたビットコインの供給を上回った。この動向は、マイニング活動による新たなビットコインの生産速度が、暗号通貨投資家のニーズを満たすには不十分であることを示唆しており、ビットコイン半減後に激化すると予想される希少性の高まりを指摘している。 このようなBTCクジラからの需要の高まりは、ビットコインのスポット流入の増加と相まって、この主要暗号通貨の価格に上昇圧力をかける可能性が高い。中長期的には、この傾向はビットコインの価値を大幅に上昇させる可能性がある。 ビットコインの半減は暗号通貨のエコシステムにおいて極めて重要なイベントであり、通常、イベントの前後で価格が大きく変動する。 歴史的には、BTCの供給が減少することへの期待から、半減の数カ月前から強気相場が始まっている。半減後、ビットコイン価格は歴史的に急騰し、供給量の減少と需給ギャップの拡大によって増幅された。 ビットコインの直接的な供給に影響を与えるだけでなく、BTCの半減はトランザクションを検証し、ブロックチェーンに新しいブロックを追加するマイナーにも影響を与えます。 各半減イベントは、マイナーのビットコイン収益を半減させ、それによって新しいビットコインの採掘に関連するコストをエスカレートさせる。その結果、マイニング事業の収益性を維持するためには、ビットコイン価格が一定の閾値に達する必要がある。 現在、1ビットコインを採掘する平均コストは約49,000ドルで、現在の取引価格が70,000ドル前後で推移しているため、採算性は維持されている。しかし、半減後のビットコイン価格は、採掘事業が財政的に存続するためには8万ドルを超える必要がある。 クジラの蓄積の段階は暗号通貨市場にとってポジティブな指標であり、主要なビットコイン保有者が将来の価格上昇を見越して資産をコールドウォレットに移していることを示唆している。

キヨサキ氏、ビットコインが200万ドルまで急騰すると予測!

キヨサキ氏、ビットコインが200万ドルに高騰すると予測

あらゆるものが暴落する」と呼ばれる総合的な金融不況の悲惨な予測がなされ、安全な避難場所とされる資産への投資を勧める指導がなされる中、著名な投資家であり、トップセラーの金融本「金持ち父さん貧乏父さん」の著者として知られるロバート・キヨサキ氏が、ビットコイン(BTC)に関する極めて楽観的な予測に同調することを表明した。 より正確には、キヨサキ氏は複数の上場投資信託(ETF)を運用するARK Investの創設者兼CEOであるキャシー・ウッド氏の予測を公に支持した。ウッド氏は以前、ビットコインの価値が1コインあたり230万ドルまで驚くほど上昇すると予測していた。キヨサキ氏は4月11日付のソーシャルメディア「X」への投稿を通じて、この大胆な予測に同意の意を表明し た。 エラーを通じて知恵を得る さらに、キヨサキ氏はウッドの「間違いを犯し、そこから学ぶ勇気」を称賛した。彼は、間違いを犯し、そこから教訓を得る能力は、人生における成功と満足の特徴であると主張し、伝統的な教育制度は、現実の世界での挑戦に対して個人を準備することができないと直接批判した。 さらに、知性が失敗の欠如と同一視される文化を助長している教育機関を批判し、ビットコインに投資することでリスクを受け入れることを信奉者に勧めた。彼は、ウッドの予言が正確かどうかにかかわらず、投資という行為は彼らを知識で豊かにし、より教養があり、知性があり、賢くすると仮定した。 ビットコイン価格予測 注目すべきは、ウッド氏のビットコイン価格目標230万ドルは、暗号通貨が史上最高値(ATH)を更新する少し前の今年2月下旬に設定されたことだ。この予測は、当時の価値から3,600%以上の上昇の可能性を示唆していた。 ウッド氏のこの予測は、キヨサキ氏のこれまでの予測のどれよりもかなり野心的なもので、30万ドルへの上昇の可能性や、経済が悪化した場合の100万ドルへの投機的な上昇の可能性さえ含んでいた。 4月11日時点の最新データによれば、ビットコインの価値は70,650ドルで、前日比2.63%の上昇、前週比6.48%の上昇を記録している。 すべてを考慮すると、ウッド氏とキヨサキ氏のビットコインに関する予測の正確さは、時間が経ってみなければわからない。しかし、このような具体的な予測に基づく投資判断には大きなリスクが伴うことを強調しておく必要がある。従って、投資を行う前に十分な調査を行い、これらのリスクを慎重に検討することが最も重要である。

ゲームにおけるブロックチェーン技術

ゲームにおけるブロックチェーン技術

ゲームにおけるブロックチェーン技術は、安全で透明な取引追跡を提供し、唯一無二のゲーム内アイテムのための非可菌トークン(NFT)の作成を可能にすることで、この分野を変えつつあります。 新しいマネタイズモデルを導入し、プレイヤーはゲーム内で遊んだり、ゲーム内アセットの小数所有に従事することで暗号通貨を獲得することができます。 この記事では、その利点を探り、ブロックチェーンゲームの実例をいくつか紹介します。 ゲームにおけるブロックチェーンの利点 ブロックチェーンの統合は、セキュリティの強化、透明性の向上、ゲーム内資産のトークン化など、ゲーム業界に多くのメリットをもたらします。 ゲームにおける分散化 ゲームにおける非中央集権とは、ゲーム内資産の管理・所有権を中央集権的なものからプレイヤーに移行することを指します。 これは、すべての取引を記録し追跡する分散型台帳を作成するブロックチェーン技術の使用によって実現されます。この分散型台帳により、ゲーム内のアセットがプレイヤーによって真に所有されていることが保証され、中央当局によって改ざんされたり、取り消されたりすることはありません ゲームにおける分散化にはいくつかの利点があります。 分散化はゲーム業界を変える可能性を秘めています。プレイヤーが自分の体験をよりコントロールできるようにし、新たなマネタイズの機会を生み出すことで、Web3ゲームは関係者全員にとってゲームをより楽しく、収益性の高い、公平なものにすることができます。 セキュアでアンタッチャブルなゲーム内資産 ブロックチェーンゲーム業界は、ゲーム内資産により安全なソリューションを提供します。ブロックチェーンは、複数のコンピューターにまたがってデータを保存する分散型台帳であるため、改ざんやハッキングが非常に困難です。つまり、ブロックチェーンに保存されたゲーム内アセットは、従来のサーバーに保存されたものよりもはるかに安全なのです セキュリティに加えて、ブロックチェーン技術はゲーム内アセットを真にアンタッチャブルにする方法も提供します。ゲーム内アセットがブロックチェーン上に作成されると、削除や変更ができなくなるからです。これにより、開発者やパブリッシャーがプレイヤーのアセットを奪ったり操作したりすることを防ぎ、より安全で公平なゲーム体験を生み出すことができるのです 以下は、ブロックチェーンがゲーム内の資産を安全に保護する具体例です。 ブロックチェーン技術を使用することで、ゲーム開発者はプレイヤーにとってより安全で信頼できるゲーム体験を作り出すことができます。これはプレイヤーのエンゲージメント、満足度、リテンションの向上につながります。 ゲームにおけるスマートな契約 スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に保存され、特定の条件が満たされたときに自動的に実行される自己実行型のコントラクトです。ゲームの文脈では、スマートコントラクトは、ゲームの作成、プレイ、収益化の方法を変革する多くの利点を提供します。 ゲームにおけるブロックチェーンとスマートコントラクトの統合はまだ初期段階ですが、より安全で透明性が高く、プレイヤー中心のゲーム体験をすでに提供しています。 ゲーム内アセットのトークン化 ブロックチェーンのトークン化は、プレイヤーに真の所有権を与えることでゲームを変え、デジタル資産の売買や貸し借りを可能にし、本物のゲーム内経済を育成します。この分散型モデルは、プレイヤーに力を与えるだけでなく、ゲーム内アセットのセキュリティと透明性を確保し、不正行為を防ぎ、完全性を保証します。 トークン化によるP2Eの導入により、プレイヤーはプレイすることで暗号通貨やNFTを獲得できるようになり、よりプレイヤー中心のエコシステムが構築されます。さらに、トークン化はスマートコントラクトのような機能を組み込み、ルールや報酬を自動化し、コミュニティへの参加を促進することで、ゲームプレイ体験を向上させます。 ゲームプレイにとどまらず、この統合は開発を合理化し、コストを削減し、仲介者への依存を最小限に抑えます。この変革の可能性は、所有権、セキュリティ、新しい収益化モデル、そして豊かな体験が融合し、ブロックチェーンとトークン化がプレーヤーと仮想世界との関わり方に革命をもたらす未来を形作ることで、ゲームの展望を再定義します。 テクノロジーが進歩し続けるにつれて、トークン化のさらなる応用が、ゲーム業界を継続的に変革し、革新する準備が整っています。 ゲーム経済の強化 ゲームにおけるブロックチェーンは、新しい収益モデル、プレイして稼ぐ仕組み、プレイヤー主導のマーケットプレイスを導入することで、ゲーム内経済の運営方法を根本的に変革しています。この変革により、プレイヤーはゲーム内の価値創造と流通において、より積極的な役割を担うことができるようになります 以下はその詳細です: このような変革は、ゲーム内経済の新しい時代の到来を告げています。そこでは、プレイヤーは単なる受動的な消費者ではなく、価値の創造と分配のプロセスに積極的に参加することになります。ブロックチェーン技術は、プレイヤーにゲーム体験の所有権を与え、ゲーム内の活動から金銭的な報酬を得ることを可能にします ブロックチェーンゲームの実例(TOP5) おわりに ゲームにおけるブロックチェーンは、所有権、セキュリティ、収益化の新たな可能性を導入することで、業界に影響を与えます。ゲーム内の資産をトークン化し、分散型経済を実現することで、ブロックチェーンは、プレイヤーが仮想所有物の真の所有権を持ち、ゲームプレイから現実世界の価値を得ることができる、ゲームの新時代を作りつつあります。 …

Read more

4月のサプライズ:香港が史上初のビットコイン・スポットETFを発表へ

4月のサプライズ:香港が史上初のビットコイン・スポットETFを発表へ

香港は今月中にも、アジアで先駆的なビットコインのスポット型上場投資信託(ETF)の承認を与えようとしている。この展開は、世界的なニュース大手ロイターや著名な中国メディアqqが伝えた、状況を知る人物から提供された洞察に基づいている。 香港証券先物委員会(SFC)は戦略的な動きとして、承認プロセスを迅速に進めることを決定した。この決定により、香港はアジアで急成長するビットコインETF市場のアーリーアダプターであり、リーダーとして位置づけられる。この進展は、業界関係者の多くが予想していた、年内に予定されているローンチを著しく先取りしている。 Harvest FundやChina Southern Fundの香港法人を含む中国の金融大手が最近、ビットコインETFの導入を申請した。これらのスポット型ビットコインETFは、デリバティブに依存するのではなく、ビットコインの実際の値動きに直接エクスポージャーを提供するという点で一線を画している。 この問題に近い情報筋によると、SFCは4月15日までに、承認されたスポット・ビットコインETFの第一弾を発表する予定だという。承認後、これらのファンドは香港証券取引所への上場を目指す。 この迅速な承認スケジュールは、世界有数の金融ハブとしての香港の魅力を高めるという香港の野心的な取り組みの証である。また、昨年暗号通貨取引所Hashkeyにリテール取引ライセンスが付与されたことで、香港がすでにビットコインに優しい環境であることがさらに証明された。 香港の積極的な措置の背景には、今年1月の承認以来、120億ドル以上の資金流入を集めた米国のビットコインETFの圧倒的な成功がある。アジアで初めてビットコインのスポットETFを承認した香港は、前例を作っただけでなく、域内の他の市場でも同様の取り組みが行われる可能性がある。 機関投資家から個人投資家に至るまで、幅広い投資家の間でアクセス可能なビットコイン投資商品への関心が急増していることは紛れもない事実である。この急増する需要に対応するために規制の枠組みを戦略的に調整することで、香港はアジアにおける極めて重要なビットコイン取引と投資のハブとしての地位を揺るぎなく確立し、世界の金融情勢における地位と影響力を強化している。

初心者

暗号通貨入門ガイド

中級

ブロックチェーンと暗号の中級ガイド

エキスパート

専門家のための暗号通貨ニュース

ビットコイン注意報:取引所の準備金が急落し、過去最低を更新

ビットコイン注意報:取引所の準備金が急落し、過去最低を更新

4月初旬、取引所が保有するビットコイン(BTC)準備金が200万BTCを下回り、前例のない低水準に急落したため、暗号通貨市場は重要な節目を目撃した。この事態により、これらのプラットフォームで利用可能なビットコインの総流通量の10%未満となった。利用可能なビットコインの準備がこのように大幅に減少したことで、需要の急増が顕著な供給の圧迫につながる可能性があるというシナリオが示された。 4月8日にCryptoQuantから入手した詳細なデータによると、認識されているすべての取引所のウォレットに存在するBTCの合計は約194万BTCに達した。この数字は、ビットコインの総流通量のほぼ9.8%に相当し、最新の集計では1,967万コインとなっている 。 観察によると、2021年7月に285万BTCの頂点に達して以来、交換準備金の一貫した減少傾向が明らかになった。この減少は主に、ビットコイン投資家が保有資産を取引所の保管場所から移すことを選択したことに起因しており、これは即時の売却や取引よりも長期保有を好む戦略的な動きを反映している。 現在、ビットコインは69,892ドルで取引されており、心理学的に重要な70,000ドルに近づいている。 供給ショックとビットコイン価格への影響を理解する ビットコイン市場における供給ショックは、取引所で取引可能なビットコインの量が急速に減少し、需要が急増することを特徴とする。買い圧力と売り圧力の間のこの不均衡は、限られた供給に対する競争の激化により、本質的にビットコイン価格の上昇につながる。 供給ショックの背後にある重要な原因の1つは、取引所からのビットコインの大幅な撤退であり、その結果、取引のための供給が不足し、その結果、ビットコインの市場価値が著しく上昇する可能性があります。 さらに、約4年ごとにビットコインが半減するイベントが発生すると、供給ショックの影響が大幅に増幅される。半減後は、新しいビットコインを採掘するための報酬が半減するため、市場への新しいコインの流入が減少する。 ビットコイン・マガジンは、これらの複合的な要因(交換準備金の減少と半減イベント)が、ビットコインの差し迫った供給ショックの舞台を整えていると推測している。 その結果、新たなビットコインの生成速度の低下と、取引所が保有するビットコイン準備金の継続的な減少の組み合わせは、経済力学を激化させることが予想されます。その結果、供給の減少を背景とした需要の増加は、ビットコイン価格の顕著な上昇を触媒する可能性が高い。

リップルCEO、2025年までに5兆ドルの暗号通貨津波を予測

リップルCEO、2025年までに5兆ドルの暗号通貨津波を予測

リップル社のブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者(CEO)はCNBCとの最近のインタビューで、暗号通貨の将来について大胆な予測を示し、デジタル通貨の時価総額は2025年までに5兆ドル規模に急増する可能性を示唆した。ガーリンハウス氏は、暗号通貨セクターで進行中の展開について、強い楽観論を表明した。 同氏は、ビットコイン上場投資信託(ETF)の出現が暗号通貨の価値を押し上げる重要な原動力になっていると強調した。ガーリンハウスによると、この業界では初めて機関投資家による大規模な投資が行われ、その軌道は極めて重要な転換期を迎えているという。 さらにガーリングハウス氏は、規制当局の承認がもたらす変革の影響を強調し、証券取引委員会(SEC)が複数のビットコインETFを承認したことの重要な役割を指摘した。同氏は、この進展は暗号通貨を正当な資産クラスとしてさらに信頼性を高めるだけでなく、機関投資家による採用の重要な推進力にもなると考えている。 1月初旬のビットコインETFのローンチは、いくつかの記録を打ち破り、目覚ましい成功を収めた。特に3月だけで、これらのETFは1110億ドルという驚異的な取引高を達成した。 さらにガーリンハウス氏は、ビットコインの半減イベントがもたらす潜在的な影響について推測し、暗号セクターの成長にとってもう一つの重要な触媒として機能する可能性を示唆した。同氏は、アナリストが需要の高まりとともに供給ショックの発生を予測しており、これにより主要な暗号通貨が新たな未踏の価値領域へと押し上げられる可能性があると述べた。 ガーリンハウス氏はまた、良好なミクロ金融情勢が近い将来の暗号市場の方向性を左右する重要な要素であると指摘した。一方、リップルと密接に関連する暗号通貨XRPは、時価総額で第7位となっている。 ガーリンハウス氏は最近、暗号通貨メディアに対して批判的な姿勢で、Coindeskがリップル社が新しいステーブルコインの導入後にXRPを放棄する可能性をほのめかしていると批判した。彼はそのような主張を退け、デジタル通貨提供の拡大にもかかわらず、リップル社がXRPへのコミットメントを継続していることを強調した。

親権者と非親権者の財布

カストディアルと非カストディアルの財布

暗号通貨ウォレットの2つの主要なタイプであるカストディアルウォレットとノンカストディアルウォレットの違いは何ですか? この記事では、カストディアルウォレットと非カストディアルウォレットの分析を行い、これらのウォレットタイプについて、特徴、セキュリティ、ユーザーエクスペリエンスについて説明します。 カストディアルウォレットとは? カストディアン・ウォレットとは、第三者によって管理される暗号通貨ウォレットの一種です。言い換えれば、ウォレットプロバイダーはあなたの暗号通貨を保護するために使用される秘密鍵を保持します。つまり、あなたは自分の資金に直接アクセスすることができず、アクセスするには第三者に頼らなければならない可能性があります。 カストディアル・ウォレットの長所と短所 長所: 短所: 非保管型暗号ウォレットとは 非保管型暗号通貨ウォレットとは、ユーザーであるあなたが秘密鍵を完全に管理するタイプのウォレットです。つまり、暗号通貨にアクセスするためのデジタルキーである秘密鍵の保管と管理は、ユーザー自身が責任を持つことになります。 非保護ウォレットの長所と短所 長所: 短所: 親権者と非親権者の財布: どちらを選ぶべきか? あなたに最適な財布のタイプは、個々のニーズとリスク許容度によって異なります。以下では、主な特徴について説明し、ウォレットを比較します 親告罪と非親告罪のウォレットのセキュリティ 保管型ウォレットは、取引所やウォレットプロバイダーなどの第三者によって管理されます。つまり、サードパーティがあなたの秘密鍵の保管と資金管理に責任を持つということです。カストディアル・ウォレットは一般的に、非カストディアル・ウォレットよりも使いやすく便利ですが、セキュリティ上のリスクも伴います。サードパーティがハッキングされた場合、あなたの資金が盗まれる可能性があります。 さらに、カストディアルウォレットは、第三者があなたの取引履歴を見ることができる可能性があるため、非カストディアルウォレットほどプライベートではないかもしれません 非保管型ウォレットは、より安全です。なぜなら、非保管型ウォレットはセルフホスト型であり、秘密鍵の保管と資金の管理を自分で行うからです。資金にアクセスできるのはあなただけなので、カストディアル・ウォレットよりも安全です。しかし、非保管型ウォレットは使い方が複雑で、人為的なミスが起こりやすいこともあります。 使いやすさ: カストディアル・ウォレットとノン・カストディアル・ウォレットの比較 親権者ウォレットは通常、非親権者ウォレットよりも使い勝手が良いです。これは、ウォレットを管理するサードパーティが秘密鍵の保管や資金の管理といった複雑なタスクを処理するためです。通常、数回クリックするかタップするだけで資金にアクセスし、取引を行うことができます。 非親告罪のウォレットは、自分自身の秘密鍵のセキュリティを扱う必要があり、より複雑で時間がかかります。手作業でシードフレーズを生成し、それを安全に保管し、デバイスを紛失した場合はそれを復元する必要があるかもしれません。 保管型財布と非保管型財布の費用 カストディアル・ウォレットは、一般的に非カストディアル・ウォレットよりも手数料が低く設定されています。これは、カストディアルウォレットは通常、秘密鍵を保管・管理するためのインフラに投資する必要がないため、諸経費が少なくて済むからです。また、カストディアルウォレットによっては、新規ユーザーを獲得するために割引やキャンペーンを提供している場合もあります。 非カストディアルウォレットは、カストディアルウォレットよりも高額になる可能性があります。なぜなら、ウォレット内のスワップのために非カストディアルウォレット作成者に取引手数料を支払う必要があったり、引き出し手数料が高くなったりするからです。さらに、非カストディアルウォレットは追加機能に対して手数料を請求する場合があります。 最後に思うこと サードパーティによって管理される管理型ウォレットは、自己のセキュリティに不安のある人々に利便性を提供します。 非親告罪のウォレットは、秘密鍵の自己管理によってより高いセキュリティとコントロールを提供し、プロバイダーによるハッキングにも資金の安全を確保します。 非親告罪ウォレットは、秘密鍵の自己管理によってより高いセキュリティとコントロールを提供し、プロバイダーがハッキングされた場合でもファンドの安全性を確保します。 …

Read more

ブラックロック+ウォール街のエリート:ビットコインETFの新時代

ブラックロック+ウォール街のエリート:ビットコインETFの新時代

4月5日、世界的な資産運用会社であるブラックロックは、ビットコイン上場投資信託(ETF)の目論見書を大幅に更新し、新たにウォール街の大手機関5社をこのベンチャーへの参加者として承認したことを発表した。 ETFの参加者に新たに加わったのは、ABNアムロ・クリアリング、シタデル・セキュリティーズ、シティグループ・グローバル・マーケッツ、ゴールドマン・サックス、UBSセキュリティーズである。この更新は、ブラックロックが米国証券取引委員会(SEC)に提出したS-1登録届出書の修正を通じて正式に行われた。 このETFにはこれまでにも、JPモルガン証券、ジェーン・ストリート・キャピタル、マッコーリーキャピタル、バーチュ・アメリカズなど、著名な金融機関が参加しており、この革新的な金融商品に対する金融機関の関心の高まりと多様性を浮き彫りにしている。 ビットコインETFの枠組みにおける公認参加者の役割は最も重要である。これらの参加者には、ETF株式を創出し、償還する能力が与えられている。このプロセスはETFの運用力学にとって不可欠であり、ETF株式とETFの保有株式を反映した証券バスケットまたは現金との交換を伴い、流動性と市場の安定性を確保する。 ブルームバーグのベテラン・アナリスト、エリック・バルチュナスは、こうした新たな重要プレーヤーが加わったことは、暗号通貨セクターへの関心が高まっていることの表れだと解釈している。また、これらの金融大手が、このような革新的で潜在的な利益をもたらすベンチャー企業と公に結びつくことに、新たな意欲を示していることも示唆している。 市場操作に関連する懸念に対処するため、SECはビットコインETFの現金創出・償還メカニズムを提唱している。市場参加者が原資産を直接取り扱う従来の現物モデルとは異なり、この現金ベースのアプローチは、日中の価格操作の可能性を抑制するように設計されている。 この防止策は、当初Hashdexのような資産運用会社によって提案され、その後、BlackRock、ARK Invest、Grayscaleといった業界の巨頭を含む他の大手資産運用会社が規制当局への提出書類で採用している。 ビットコインETFの取引は3月に大幅に増加し、取引高は1110億ドルに達した。しかし、この急増にもかかわらず、この革新的な金融商品に対する需要が安定している可能性が示唆されている。ブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)は、取引量と運用資産において、この分野で圧倒的な強さを維持している。 BitMEX Researchの洞察によると、4月1日現在、IBITの資産は176億ドルで、GrayscaleやFidelityといった競合他社を抑えてトップを走っている。この進展は、ビットコインETFの急成長市場の形成におけるブラックロックの極めて重要な役割を強調している。

暗号通貨の歴史|完全な年表

暗号通貨の歴史

この記事では、暗号通貨の最も重要な歴史を紹介します。暗号通貨の概要とどのように作られたかを説明し、暗号市場を分析し、なぜこれほど人気が出たのかを議論します。 暗号通貨とは何か? 暗号通貨とは、暗号技術をセキュリティに利用したデジタル通貨で、偽造や二重支出をほぼ不可能にします。分散型であるため、一部のステーブルコインを除き、政府や金融機関が暗号通貨を管理することはありません。 暗号通貨は分散型の取引所で取引されることが多く、商品やサービスの購入にも利用できます。暗号通貨の人気はますます高まっていますが、不安定でリスクの高い投資であることに変わりはありません。 暗号通貨の考え方 デジタル通貨、つまり中央機関や政府を介さずに電子的に作成・交換できる通貨のアイデアは、何十年も前からありました。そのような通貨に関する初期の提案のいくつかは、デビッド・チャウムのような研究者が電子決済の安全性を確保するための暗号技術の可能性を模索し始めた1980年代まで遡ることができる。 初期のデジタル通貨コンセプトの中で最も著名なもののひとつが、1990年代初頭にChaumとその共同研究者たちによって開発されたDigiCashです。デジキャッシュは暗号技術を使って、ユーザーが身元や送金額を明かすことなくオンラインで匿名の支払いを行えるようにした。しかし、デジキャッシュは技術的、法的な課題が多く、広く採用されることはなかった。 デジタル通貨に関するもう一つの影響力のあるコンセプトは、1998年にWei Daiによって提案されたB-moneyでした。B-moneyは、すべての取引の公開台帳を管理するコンピュータの分散型ネットワークを想定しており、支払いの安全性と透明性を保証するものでした。同じ1998年、ニック・サボはビットゴールドと呼ばれる分散型デジタル通貨の仕組みを設計した。ビットゴールドは実装されなかったが、ビットコインアーキテクチャの直接の前身と呼ばれている。 また、一部の暗号愛好家は、ニックこそが本物のサトシ・ナカモトだと考えています 1990年代から2000年代初頭にかけて、デジタル通貨を作ろうとする試みは他にも数多くあった。しかし、いずれも普及には至らず、セキュリティや匿名性といった課題を解決することはできなかった。2008年にビットコインが登場したことで、ようやくデジタル通貨のコンセプトが支持され始めた。 暗号通貨の歴史: ビットコイン (2008-2010) ビットコインの歴史は、サトシ・ナカモトとして知られる匿名の個人またはグループが “Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System “と題されたホワイトペーパーを発表した2008年まで遡ることができます。このホワイトペーパーの中で、ナカモトは暗号技術に基づき、中央当局の支配を受けない新しいデジタル通貨を提案した。 2009年、ナカモトはビットコインのオープンソースコードを公開し、誰でもネットワークに参加し、新しいコインの採掘を開始できるようにした。マイニングとは、すべてのビットコイン取引を記録する分散型台帳であるビットコイン・ブロックチェーン上の取引を検証・確認するプロセスである。マイナーは作業の対価として、新しく作られたビットコインを報酬として受け取る。 最初のビットコイン取引は、2009年1月9日にナカモトがビットコインの開発を手伝っていたコンピュータ科学者のハル・フィニーに10ビットコインを送ったときに行われました。この取引がビットコイン経済の始まりとなった。 . ビットコインの初期には、多くの挑戦と懐疑論がありました。ビットコインが広く普及することを疑う人もいれば、マネーロンダリングのような悪用の可能性を懸念する人もいた。しかし、こうした課題にもかかわらず、ビットコインは人気と価値を高め続けた。 ビットコインを使った最初の商業取引は2010年5月22日で、現在ではビットコイン・ピザ・デイとして知られています。フロリダの男性Laszlo Hanyeczは、配達された2枚のPapa John’sのピザに対して10,000 BTCを支払うことに同意した。BitcoinTalkフォーラムで、Hanyeczは助けを求めた: …

Read more