レポート コインベース、世界ランキングで3位に転落

コインベース、世界ランキング3位に転落

アメリカの大手暗号取引所であるCoinbaseは、アメリカでのスポットビットコインETFの発売が市場を揺るがしたため、激しい競争により世界的な取引高で順位を落としている。 ブロックチェーン分析会社Kaikoの報告によると、Coinbaseはもはや世界取引量第2位ではない。2023年10月以降、コインベースの市場シェアは11%から8%に低下した。一方、ライバルの取引所であるBybitは現在、世界の取引高の約16%を占めている。 開高氏によれば、Bybitの成長は取引手数料の引き下げによるものだという。しかし、それだけが成功の理由ではない。Bybitはバイナンスの規制問題からも利益を得ている。 Kaiko氏のデータによると、Bybitの取引量増加はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が牽引している。Bybitにおけるこれらのアセットの市場シェアは、過去1年間で17%から53%に拡大している。一方、バイナンスではアルトコイン取引がより伸びている。バイナンスは54%の市場シェアで首位を維持しているものの、ビットコインとイーサリアムの取引量は今年に入って59%から43%に低下している。開高氏は、この変化は弱気相場時に減少する傾向にあるリスクセンチメントの変化によるものではないかと指摘している。 Bybitの成功にもかかわらず、ウォール街は離れつつある。シタデル・セキュリティーズが支援するヒドゥン・ロードは5月下旬、顧客へのバイビットへのアクセス提供を中止した。これはBybitのKYC/AML(Know Your Customer/Anti-Money Laundering)手続きをめぐる意見の相違によるものだった。Bybitはこの問題についてまだ公にコメントしていない。しかし、広報担当者は、このプラットフォームは “透明性を重視しており、レビューが進むにつれて最新情報を提供する “と述べた。

クジラ主導のビットコイン急騰が44Kドルの壁を突破、さらなる上昇か?

クジラ主導のビットコイン急騰が44Kドルの壁を突破、さらなる上昇か?

ビットコイン(BTC)は、水曜日に44,000ドルの大台を突破し、新たに4週間の頂点に達するなど、印象的な上昇を見せた。 時価総額で圧倒的な強さを誇る暗号通貨のフラッグシップであるビットコインは、それまでの42,700ドルから44,300ドルへと急騰し、米国でビットコイン上場投資信託(ETF)が導入された直後の1月12日以来の高値を記録した。 この24時間以内の2.5%超の急騰は、暗号空間における強気心理の復活も示唆した。一方、イーサ(ETH)やその他の暗号通貨も上昇基調に加わり、イーサは2.3%の上昇を記録した一方、カルダノ(ADA)は0.4%の小幅な下落にとどまった。 週初めのBitfinexのアナリストの洞察では、マイナーからの売り圧力の上昇が最近のBTC価格の下落圧力に寄与した可能性が示唆された。しかし、BTCが上昇に転じたことで、流れは劇的に変わり、売り手を圧倒した可能性がある。 特に、著名な暗号アナリストのアリ・マルティネス氏は水曜日、ビットコインのクジラによる積み立てが著しく増加していることを強調し、大口投資家の間で新たな自信が生まれていることを示した。マルティネス氏はGlassnodeのデータを引用し、1,000BTC(約4,400万ドルに相当)以上を保有するビットコインウォレットの数が73と数カ月ぶりの高水準に急上昇したことを明らかにし、強気の勢いをさらに実証した。 米国株式市場の楽観的な見方は、暗号通貨のようなリスク資産にとってさらなる追い風となった。ダウ工業株30種平均は史上最高値に迫り、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は史上最高値を更新した。さらに、ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ(NYCB)は、ムーディーズによる格下げを受けて、流動性と預金安定の懸念に対処する安心感を与える声明を発表し、財務の健全性をめぐる懸念は解消されたようだ。 イーサリアム、ETF楽観論の中でアルトコイン上昇を牽引 同時に、イーサリアム(ETH)は、スポットETFをめぐる新たな楽観論に後押しされ、2週間ぶりに2,400ドルの大台を超え、その回復力を示した。アーク・インベストと21シェアーズが共同申請を修正し、最近承認されたビットコインETFとより密接に連携させることで、規制上のハードルを回避する可能性がある。 さらに、更新された申請書は、ファンドのトークンの一部を賭けて報酬を獲得する見通しを示唆し、投資家の熱意をさらに煽った。さらに、PolygonのMATIC、OptimismのOPT、ArbitrumのARBなど、イーサリアムのエコシステム内のトークンは2%から4%の上昇を目撃し、リキッドステーキングプロトコルであるLidoのLDOは5%という驚異的な急上昇を見せ、暗号通貨市場に蔓延する広範な強気センチメントを強調した。

FRBの3月利上げ示唆が市場パニックを引き起こす – Investor Alert

FRBの3月利上げ示唆が市場パニックを引き起こす - Investor Alert

米連邦準備制度理事会(FRB)は1月31日に会合を開き、金利目標を525-550ベーシスポイント(bps)(5.25-5.50%相当)の範囲に据え置くことを決定した。この決定は一般的な予想に沿ったものであり、前回の会合と同水準であった。 しかし、3月会合発表時のパウエル議長の発言は、利下げの可能性は低いと明言した。この予想外の発言により、主要金融指標は大幅に低下し、各市場は大きく後退した。 具体的には、2月1日のTradingViewのデータによると、金、ビットコイン(BTC)、暗号通貨の時価総額は対ドルでそれぞれ0.34%、1.10%、0.77%下落した。 同時に、ダウ平均(US30)は0.01%、S&P500(SPX)は1.61%、ナスダック100(NDX)は1.94%の下落を記録した。米国株式市場のこれら3つの主要指標はパニック売りを指し示し、パウエル議長のサプライズ発表の影響を強めた。 3月の予想金利 パウエル議長の発言によって市場の予想が変化したため、次回2024年3月20日の連邦準備制度理事会(FRB)は特に重要な意味を持つ。2023年12月29日時点では、73.4%のトレーダーが3月の金利低下を予想していた。 現在、市場の64.5%が3月の金利目標は据え置かれると予想している。同時に、35.5%はFRBがその決定を再考し、500-525bpsのレンジでの利下げに踏み切る可能性があると見ており、今後数週間はすべての市場でボラティリティが高まる可能性がある。 注目すべきは、より積極的な50bpの利下げが市場予想に織り込まれなくなったことで、1ヵ月前の12月29日の予想から確率が15%変化した。 金融大手は最初の利下げを5月と予想していた。 注目すべきは、ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)とバークレイズ(NYSE:BCS)の機関投資家向け金融機関の大手2社が、最初の利下げ予想を調整し、現在は5月と予想していることだ。この考察は、2月1日にPlatform Xでエヴァン・ゴールドによって共有された。さらにゴールド氏は、バンク・オブ・アメリカ(NYSE: BAC)がより弱気な見通しで、6月の利下げを予測していると指摘した。興味深いことに、金融大手3社はいずれも、最近の連邦準備制度理事会(FRB)の会合に先立ち、当初は3月に利下げが行われると予想していた。 このシナリオは、市場に内在する不確実性とボラティリティ、特に連邦準備制度理事会(FRB)の決定変更に対する市場の影響を浮き彫りにしている。従って、投資家は慎重なスタンスをとり、現在の出来事や関連データを注意深く監視して、今後、十分な情報に基づいた判断を下すことをお勧めする。