日本の暗号取引所、3億500万ドル相当のビットコイン盗難に遭う

日本の暗号取引所の盗難

日本の暗号取引所運営者は金曜日、「不正流出」によって3億ドル以上のビットコインの損失を報告した。 DMM Bitcoinはブログ投稿で詳細を共有し、現在の市場価格で3億510万ドル相当の4,502.9BTCが盗まれたことを明らかにした。 同取引所は、顧客のビットコイン預金を完全に保証することを保証した。また、グループ会社の支援を得て、失われたBTC相当額を入手する予定だという。しかし、このプロセスのスケジュールは明らかにしていない。 盗難は東京時間の午後1時26分に発生した。これは、XのWhale Alertアカウントがフラグを立てた4,502 BTCの取引と一致する。 DMM Bitcoinは、暗号の引き出し、スポット市場での購入注文、および新規のレバレッジ取引ポジションを停止した。また、新規口座開設の審査も行っている。円での出金には通常より時間がかかる可能性がある。 同取引所はサービス再開の時期について明言しなかったが、別途発表があれば詳細が明らかになると述べた。 日経新聞の報道によると、DMM Bitcoinの2023年末時点の顧客口座数は約37万件。 もし確認されれば、この盗難は過去最大規模の暗号取引所攻撃となる。 2018年、コインチェックは580億円、約5億3300万ドル相当の暗号が盗まれた。オンライン証券会社のMonaxは同年末にCoincheckを買収した。 日本は、2014年に4億ドル以上を失ったビットコイン取引所マウントゴックスの悪名高い破綻でも知られている。債権者に資金を分配するプロセスは10年近く続いており、完了に近づいている。