トランプ氏、業界リーダーとの会談後に米国のビットコインマイニングを提唱

ドナルド・トランプ氏、マー・ア・ラーゴで米国のビットコインマイニング業界のリーダーたちと会談

ドナルド・トランプ氏は、ビットコインマイニング業界への支持を再確認した。水曜日、彼は複数の米国暗号マイニング企業のトップエグゼクティブとの会合を主催した。 トランプ氏は6月11日、自身のプラットフォーム「Truth Social」への投稿で、残りのビットコインをすべて 「MADE IN THE USA!!!」にしたいとの意向を表明した。彼は、この取り組みが国の 「エネルギー支配 」の達成に貢献すると主張した。 トランプ氏はまた、ビットコインを中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に対する国家の「最後の防衛線」と表現した。にもかかわらず、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は3月、米国はどのような形であれCBDCの導入はおろか、検討にも程遠いと述べた。 フロリダ州にあるトランプ大統領のマール・ア・ラーゴ邸での会議には、ライオット・プラットフォームズのジェイソン・レスCEO、公共政策の責任者ブライアン・モーゲンスターン、クリーンスパークのマシュー・シュルツ執行会長、テラウルフのアマンダ・ファビアーノ取締役といった著名人が参加した。 ファビアーノ氏は、ビットコインマイニングが電力網の強化や雇用創出の促進にどのように役立つかを議論したことを明らかにした。彼女は、エネルギー・インフラと雇用機会の面で、この産業が潜在的な利益をもたらすことを強調した。 シュルツ氏はブルームバーグに対し、トランプ氏が11月の大統領選で当選した場合、ビットコインマイニング部門への支援を約束したと語った。彼は、トランプ氏のこの業界に対するコミットメントと、彼のリーダーシップの下でこの業界が持つ可能性のあるポジティブな影響を強調した。 ファビアーノ氏は、ビットコインマイニング業界は、誤った情報や見当違いの物語により、重大な政治的課題に直面していると指摘した。彼女は、政治家がビットコインとそのマイニングプロセスの利点について自分自身を教育する必要性を強調した。 現在、この業界は、ジョー・バイデン大統領がビットコインの採掘者に30%の電気税を課すといった提案から政治的圧力を受けている。また、業界の排出量、エネルギー消費、電力網への潜在的な影響についても懸念が続いている。 トランプ氏は2021年の大統領就任時にビットコインを詐欺だとレッテルを貼っていたが、その後、スタンスを変えている。この変化は、2024年の大統領選挙が近づくにつれ、今や影響力を持つようになった業界のロビー団体から支持を集めるための努力と思われる。 トランプ氏は最近、米国は暗号通貨の領域で「2番手」に甘んじてはならないと強調している。6月の初めには、自らを 「暗号大統領 」と宣言した。 大統領選を支援するため、トランプ氏は暗号通貨による寄付の受付を開始し、最近では自身のMugshot non-fungible tokens(NFTs)の保有者のための夕食会を開催した。 6月10日、トランプは5月30日にビジネス記録の改ざんで34件の重罪で有罪となった後、保護観察官と初めて面会した。ザ・ヒルが引用した情報筋によれば、マール・ア・ラーゴ・リゾートから行われたバーチャル面会は、30分足らずの短いものであった。

エルサルバドルのGDP、ビットコインとAIで2029年までに10倍に急増:キャシー・ウッド氏

ビットコインとAIがGDPを10倍に押し上げる可能性

ナイブ・ブケレ大統領の下でビットコインと人工知能(AI)の導入を続ければ、エルサルバドルの経済は今後5年間で10倍に成長する可能性があると、ARK InvestのCEOであるCathie Wood氏は指摘する。 「ブケレ大統領は、エルサルバドルをビットコインとAIのコミュニティのオアシスにする決意を固めており、この2つは史上最大の経済・技術革命である。 ウッド氏とブケレ氏の会談では、ビットコインの資本市場への統合、AIの進歩、税制に焦点が当てられた。 Bukele氏のビットコインに関するアドバイザーであるMax Keiser氏によると、Wood氏はエルサルバドルのGDPを2029年までに3000億ドルに引き上げる方法について詳述したという。ビットコイン提唱者のステイシー・ハーベット氏、米国の経済学者アーサー・ラッファー氏、ARK Investリサーチアソシエイトのマーク・シール氏も出席した。 世界銀行のデータによると、エルサルバドルのGDPは2022年に324億ドルで、2019年6月のブケレ就任以来30%以上増加している。3000億ドルに到達すれば、エルサルバドルのGDPはルーマニア、チェコ共和国、チリといった国々と並ぶことになる。 ブケレ大統領の就任以来、エルサルバドルはビットコインを法定通貨とし、技術革新に対する課税を撤廃し、海外からの投資や送金に対する所得税を撤廃した。2024年4月、グーグルは5億ドルの戦略的パートナーシップを結び、エルサルバドルに進出した。 エルサルバドルは国庫に5,764ビットコインを保有しており、その価値は3億9,620万ドルで、平均購入価格から58.6%の増加を示している。しかし、地元の人々の間でビットコインの採用は課題に直面している。 ほとんどが技術に疎い人口、加盟店の取締りの欠如、2021年のエルサルバドルのChivo Walletのロールアウトに関する問題などが進展を妨げていると、The Bitcoin Hardware Storeの最高戦略責任者であるジェイミー・ロビンソン氏は述べた。 ホセ・シメオン・カニャス中米大学の1月の調査によると、2023年、現地の人口の12%しかビットコインを少なくとも一度は買い物に使っておらず、2022年から減少している。 ロビンソン氏は、2023年初頭にビットコインの価格が上昇したことで、ウォルマート、スターバックス、ドミノなどの企業が中心となり、加盟店による新たな導入の波が巻き起こったと指摘した。

バイデンが2024年キャンペーンのためにミーム・マスターを雇う

バイデン氏、2024年キャンペーンのためにミーム・マスターを雇う

ジョー・バイデン大統領の再選キャンペーンが、Z世代有権者を惹きつけるミームの専門家を探している。 大統領選バイデン(BFP)キャンペーンは、「パートナー・マネージャー 」の求人を掲載した。この人物は、「インターネット上のトップコンテンツやミームページに関わる日々の業務 」を担当する。 バイデンのチームは、デラウェア州ウィルミントンを拠点とするミーム・マネージャーに年俸6万5000ドルから8万5000ドルを支払う。この給与は、米国のデジタルマーケティング担当者の平均給与を若干上回る、 Indeed調べ。 バイデンのミーマーの主な仕事は、デジタルメディア企業、ポッドキャスター、さまざまなソーシャルメディアプラットフォーム上の「ミームページ」との関係を管理することだ。バイデンのチームは以前にもミームを使ったことがある。彼らは、81歳のバイデンがインターネットに精通しているように見せるために、「Doin early 2022 」を採用した。 2月、バイデンはセス・マイヤーズのレイト・ナイト・ショーでダーク・ブランドンのミームについて語った。ダークなアビエーターサングラスをかける前に、彼は冗談めかして「私はこの地獄に憤慨している」と言った。 バイデンは再びサングラスをかけ、4月のホワイトハウス特派員晩餐会で聴衆の喝采を浴びながらミームについて言及した。 この動きは、バイデンが若い有権者とつながろうとする努力の一環である。 多くの民主党議員も暗号に対する見方を変えている。この変化は、票を獲得しようとするドナルド・トランプが暗号を支持していることに追随しているようだ。 トランプはミームにも精通している。2023年8月、4度目の起訴でフルトン郡拘置所で手続きを終えた彼の顔写真が拡散した。 トランプ陣営はすぐにその顔写真を使ったTシャツやマグカップなどの販売を開始した。また、12月には「MugShot」ノン・ファンジブル・トークン(NFT)コレクションも発売された。 5月初旬には、トランプをテーマにしたMAGA memecoinが人気を博した。